エイテックスの強み > 独特な商品

他社にない独特の商品

 斬新なアイディアで新しい商品を

   
 創業以来、エイテックスがこだわり続けているのは、既成概念にとらわれず、新しい機能やアイディアを貪欲に取り入れる商品開発姿勢です。「人がやらなかったことをやる」を商品開発の基本理念とし、今後も新しく斬新な照明を世の中に提供してまいります。  

 

 

「LEDカッティングシート」 ※開発中

エイテックスの製品で容易に曲がる照明テープライトがあります。その配線基板には曲げやすいフィルム(FPC)が使われています。広いFPCシート上にLED(発光ダイオード)を非常に沢山配置すれば、1枚の光るシートが出来ます。フィルムはハサミで切ることもできるし曲げる事も可能です。しかし、ハサミで切ればフィルム内の電気配線がずたずたに切れLEDは光らないでしょう。そこで、ハサミで切っても電気回路が断線しない方法が必要になります。

具体的に実現するには、LEDを約10mmピッチの縦横等間隔で配置し、LEDとLEDの間をハサミでカットするようにしました。LEDがマトリックス状に配置されているので、真っ直ぐ縦あるいは横に切ることは全く問題ありません。ただ斜めに切りたい場合はLEDを避けて階段状に切る必要があるがそれは仕方がありません。LEDとLEDの間には電気配線があるが、ハサミで配線が切られてもLEDは光る仕組みにならなければなりません。我々は配線の仕方を工夫してそれを実現することができました。

 

>> 開発エピソード

    

「長尺テープライト (テープライト・第二世代)」

今や間接照明の定番アイテムとして定着したLEDテープライト。フレキシブルで軽量な構造であることから、10m程度の長い製品も市販されています。テープライトはその製造方法の制約上、短いフレキシブル基板を半田で連結して長尺化することが一般的で、半田連結部は機械的ストレスに弱く、施工時に不点灯を起こす原因となっています。この問題は、当社では既に独自構造のテープライト(第一世代)を開発することで解決済みですが、さらなる量産性と信頼性向上のために、継ぎ目のない基板を使った量産化システムを構築することで、ブラッシュアップすることに成功しました。

 

>> 開発エピソード

 

   

「シリコンライト」 

創業当初、「消えないネオン管」をコンセプトに開発したシリコンライトは、砲弾型LEDをFPC(フレキシブル基板)に実装してシリコーンケースで封止することで実現した世界初の「曲がるLEDライト」として誕生しました。ネオン管の代替光源としてのみではなく、建築照明やファサード、什器・棚下照明など幅広い用途に、採用され、今日に至るまで数多くのお客様にご使用いただいています。

 

 >> 開発エピソード

 

シリコンライト

     

「シリコンライトα」

 シリコンライトの商品コンセプトを引き継ぎ、更に高輝度と長尺仕様として開発したのが「シリコンライトα」です。SMDタイプLEDを搭載し輝度を向上させ、FPC連結を強化し5m/本の長尺を実現しています。これにより、蛍光灯を数多くつないで施工していた間接照明は、長尺を使うことにより工事が非常に簡単になると共に、光のムラのない高品位の明かりが得られるようになりました。更に防水・防滴仕様ですので、屋外建築照明としても幅広く使われています。

 

 >> 開発エピソード

 

シリコンライトアルファ

     

「ディフューザ」 

LED発光の点々を光拡散し、滑らかで優しい光で発光させるように改良したものが「シリコンライトα・ディフューザ」「テープライトディフューザ」です。特殊光拡散材と拡散構造を用いて、柔らかくい光で拡散させると同時に、フレキシブルな曲げ、長尺、防水機能は残しています。間接照明のみならず、直接照明として建築物の外壁などにも応用範囲の広い照明です。屋外建築照明の決定版と言えます。

 

 >> 開発エピソード

 

シリコンライトアルファ・ディフューザタイプ

     

 

 

特許取得

アイディアを製品にまとめ上げるには、新たな発想や新たな工夫が必要です。エイテックス(株)は、その発想や工夫を新しい技術にまとめ、特許として世の中に認めてもらうと同時に、それらを応用した製品を作り、世の中に貢献してまいりたいと考えています。

 

1.フレキシブル発光装置及びその製造方法(日本)

特許取得:日本

概要:フレキシブル・パターンサーキットの電源供給ラインに長尺の導体を這わせ、電源ラインを強化することにより、LED照明の長尺化を可能にする。

応用:長尺テープライト。シリコンライトα、ディフューザ、テープライトディフューザ

 

2.LED実装用基回路基板、帯状フレキシブルライト及びそれを用いたLED照明装置

特許取得:日本、米国、中国、ドイツ

概要:電子回路基板を幅方向に折り曲げ成形することにより、LED照明の幅方向のフレキシブルな曲げを可能にする。

応用:シリコンライトα、ディフューザ、

 

3.帯状LEDライト

特許取得:日本、米国

特許申請:ドイツ、中国

概要:LED発光面上部に空間を介し光拡散部を配置し、光拡散部を本体ケース部と一体成型することにより、高品位の拡散光を得る。

応用:シリコンライトα・ディフューザ、テープライトディフューザ

 

4.伝熱体およびLEDライト

  特許申請:日本

  概要:内部に放熱板を有し、幅方向に可撓性を有する帯状のLED照明

 

5.LED照明器具 (申請中)

  特許申請:日本

  概要:2種類の調光信号を選択可能な調光選択部を有するLED照明 

 

 6. 面発光装置用プリント配線基板 (申請中)

  特許申請:日本

  概要:様々な形状にハサミで切り出し可能なフィルムLED基板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イメージ  
品質へのこだわり

LED素子は、100万個あれば100万色あるといわれるほど、色味のばらつきをコントロールすることが難しい光源です。このばらつきのコントロールなくして、LED照明による美しい光の演出を実現できません。
エイテックスでは、LED素子の購買方法や生産方法、納入方法の工夫によって、色味のばらつきを最小限に抑えた商品をお届けします。必要に応じて、自社選別機と選別ノウハウによって厳重に管理します。

当社商品の大きな特徴として、「曲げることのできる光」を挙げることが出来ます。LEDや抵抗器などの電子部品は、FPC基板へ半田によって接合されますが、半田付けされた部品は剛体ですので、通常では曲げようとすると簡単にクラックが入ってしまいます。これを解決すべく、部品配置や実装方法、FPC基板自体やケーシング材の構造的な工夫など、細部に渡り設計品質を突き詰めています。

また、LED素子など器具を構成する主要部品については国内メーカー製を使用するなど、材料も厳選しています。防水性の高さは第三者認証機関によるテストで裏付けされています。


もちろん、生産品質にもこだわっています。国内工場での組立てや生産ラインの自動化、出荷検査を徹底することで安定した品質を維持しています。

このような設計品質や生産品質へのこだわりが市場での信頼に繋がり、数多くの実績を残しています。

         
細かな対応とアフターサポート

お客様のご要望に答えるために、当社の経験豊富な営業担当が商品や施工に関する技術的なご提案から納品後までしっかりとサポート致します。小ロットの特注製品のご相談も承っております。

 

 

 

  nf_030.jpg
 
 
PAGETOP